腰痛の治療・ブロック注射を徹底解明

ブロック注射の恐怖

 

腰痛を発症したら、ウォーキングなどの軽い運動がよいとか、ストレッチ運動を取り入れるのがよいとか、近年ではいろいろな方法が紹介されるようになっていますが、しかし、勘違いしてほしくないのは、一般的に腰痛というのは何らかの原因があって起こることを考えると、基本は「絶対安静」が必要になります。

 

特に、あまりにもひどい痛みが襲ってきているにもかかわらず、腰痛のときは歩いたほうがよいと思い込んで、無理やりにウォーキングをしようとしたり、あるいはストレッチ運動だけは絶対に欠かさないと思い込んで無理やりストレッチ運動をしようとしたりする人もいますが、これは症状をより悪化させてしまう可能性を強めてしまうことになります。

 

このように原因が分からないと良くも悪くも何をして良いかわかりませんので整体でリラックスするつもりでマッサージ店などに行って原因を教えてもらうのもよいと思います。

 

ただ、腰痛があまりにもひどいときには、病院に行くことさえままならない状況に陥ってしまうことがあります。そんなときこそお医者さんに頼りたい気持ちはよくわかりますが、無理に外出することもできるだけ控えるべきです。

 

まずは安静にして、しばらく様子を見て、痛みが少しでも引いてきたら、改めて病院で診てもらうという流れがベターであると言えるでしょう。

 

ただ、安静にして様子を見てもまったく良くならないというときには、何らかの大きな疾患を抱えてしまっている可能性が高まりますので、そういうときにはとりあえず電話でお医者さんに問い合わせてみて、それから次の行動をとるようにしたほうが安全です。

 

とにかく無理しないこと、そしてとりあえずは「絶対安静」をキープすること、これが腰痛の際に最も重要なことです。