ブロック注射の副作用

ブロック注射の副作用

腰痛の原因にはいろいろありますが、どんな原因にしても、強烈な痛みをともなう腰痛だけは、経験したことがない人にとっては想像つかないようなつらさです。

 

中でも、急に猛烈な痛みとなって私たちの日常生活を襲ってくるのが、椎間板ヘルニアの特徴的な症状です。

 

椎間板ヘルニアの場合、程度によっては歩くことさえ困難になることもありますので、そういう場合にはお医者さんのところで注射を打ってもらうことで痛みを緩和することができます。

 

その注射を、一般に「ブロック注射」と言います。

 

もちろん、腰痛のカンフル剤(これはあくまでも比喩としての表現です)としては非常にありがたい注射なのですが、しかしよく考えてみると、歩くこともままならないような強烈な痛みであるにもかかわらず、注射1本(場合によっては2本)で、そこまで早急に痛みがとれるわけですから、ブロック注射に使われている鎮静剤は非常に強い成分であることが多いわけです。

 

とすると、当然副作用の危険性もまったくないわけではないということだけは念頭に入れておいたほうがよいかもしれません。

 

もちろん、医師の診断でその心配が最小限にとどめられるkらこそ、ブロック注射を打つという判断に至るのだとは思いますが、何も知らないよりは、少しでも知識として持っておいたほうがよいと言えるでしょう。

 

また、ブロック注射は、神経が集中している腰部への注射なので、信頼できる医師の元で注射を打ってもらうほうがよいと言えるかもしれません。

 

できれば口コミ情報などで評判のよい病院を選択しましょう。