鍼灸

鍼灸

日本人にとっての「国民病」でもある腰痛に対する治療法も、以前に比べれば、年を追うごとにいろいろな方面で確立されているような印象です。

 

ただ、その中のどれが一番自分の症状にマッチしているのかということは、実際に自分が体験してみないとわからない部分も正直あります。

 

しかしそうは言っても、ひどい痛みのときには背に腹は代えられず、「何とかして」というか「何としてでも」という、すがるような気もちで各種治療機関に足を運ぶことになるのです。

 

たとえば「整体治療」はその代表的なものですし、「ブロック注射」で即効性に期待するという人も多いです。

 

また、最近では「カイロプラクティック」という、医療行為ではないものの、効果が高いとされる治療に託す人もいます。

 

そんな中で、かなり古い歴史があるのが「鍼灸」です。この文字を目にしたことがあるという人でも、それがどんなものであるのかということを知らない人もけっこういるかもしれません。

 

「鍼灸」は「しんきゅう」と読みます。

 

中国では古来より伝えられる腰痛緩和治療で、「鍼」は「はり」を意味し、日本では「はりきゅう」と読む人もいます。

 

東洋医学の分野では非常にメジャーな腰痛緩和治療として知られています。

 

日本でも「灸(きゅう)」に関しては古くから行われてきましたが、「鍼灸」は漢方薬との併用が可能になる分、日本でも「鍼灸」を選択する人が多く、実際腰痛を緩和したという人の話もたくさん耳にします。

 

この治療法も、腰痛にとっては非常に有力な治療法であると言えると思います。